特定非営利活動法人 ユーラシア21研究所
特定非営利活動法人 ユーラシア21研究所 ありがとう競艇 日本財団 サイトマップ お問い合わせ RUSSIAN
HOME研究所概要虎ノ門フォーラム視点・発信情報公開

ERI21からの発信

2010年11月01日更新
メドベージェフ大統領の国後訪問
   


  尖閣諸島沖の漁船衝突事件で、日本人が領土問題や主権ということに強い関心を抱いているさなか、ロシアのメドベージェフ大統領が11月1日、北方領土の国後島訪問を訪問した。尖閣諸島問題での中国の強硬姿勢は異常ではなく当然予測すべきだったことであるが、メドベージェフ大統領以下のロシアはそこまでの愚行を行うとは信じられなかった。

  ロシアが中国と共同歩調をとるかのようにして、大統領の北方領土を訪問したことは、日露関係の将来にとって極めて由々しいことである。

  ロシアとしては、中国と共同歩調をとることで、領土問題で日本への圧力を強固なものにできると考えているかも知れない。そうだとすれば、大きな誤算である。大統領の北方領土訪問はソ連時代を通じて、ロシアのトップとして初めてのことである。これは、日本に対する侮辱的行為でありわが国の輿論への刺激はあまりに強烈である。つまり大統領の訪問は、北方領土がロシア領だという誤ったメッセージを世界に自己宣伝するであり、日本国民は大きな屈辱感と反露感情を抱くだろう。

  「北方領土の開発の状況を把握するため」とはよくぞ言った詭弁である。ホンネはロシア国内の、とりわけサハリン州の強硬な民族主義者たちの意向に迎合するためであろう。そういう迎合をしなくてはならないほど、メドベージェフ政権は政権基盤が弱いのか。それとも、2012年の大統領選挙に、プーチン首相を差し置いて立候補でもしようという下心でもあって目立とうとしているのか。

  メドヴェージ大統領、それはあなたにとってあまりに危険な選択肢のはずである。

  7日から横浜で開催されるAPEC、ロシアは誰のおかげでそのメンバーになったのかなどと、いまさら恩を着せるつもりはないが、あなたは日本国民に冷たい目で見られるだけである。

  そして、ゴルバチョフ時代以来、エリツィン、プーチン両ロシア大統領が慎重に積み重ねてきた日露関係をぶち壊しにしてしまったのだ。

  既に前原外相は「日露関係に重大な障害が生じる」と述べ、外交ルートを通じて取りやめるよう求めていたし、訪問直後の衆議院予算委員会では「大変遺憾」(菅首相)、「国民感情を傷つける」(前原外相)と応えているが、政府としてロシアに対しどういう抗議のメッセージを発するか、全国民が注目している。

  メドベージェフ大統領の国後島訪問には、元島民や隣接する根室市民の怒りのみでなく、日本国民全体の怒りとして、官民は挙げて抗議をすべきものである。

  ユーラシア21研究所は即刻、ロシア語で抗議のメッセージを送りたい。ロシア大統領の北方領土訪問は愚行である。これまで営々と努力を重ねてきた日露関係を停止してしまうことを互いに愛する両国のために惜しむ。日本国内には停止以上の次元の違う対応を図るべきだという声もある。

  日露両国は21世紀の互いの発展にとって、日中関係とは違う、文字通りの戦略的互恵関係を構築しうる補完関係にある。そのことをお互いにもっと大切にしようではないか。


吹浦忠正 : ユーラシア21研究所理事長